So-net無料ブログ作成

復活しました! [ブログ]

ブログ更新、復活しました・・・・・!!


病気治療に専念のため、ブログ更新を休んでいましたが・・・・、


多くの方から、励ましの言葉をいただき、ありがとうございました。


完治まで、まだまだ時間がかかると思います・・・・・・。


ブログを更新する気力は回復しました。


更新は不定期となります、よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


気力は回復したとはいえ、 写真撮影は到底無理。…気力・体力ともになし。


もう一つの趣味・・・・切り絵の奮闘記を記事とします。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


まずは・・・・下絵作成

先回は先生の下絵であったが、今回は独自の下絵に挑戦。

(先生の下絵に、色付けを独自の感性で行いました)


+++題材:鳳凰+++

鳳凰・・・・架空の鳥、 世の中が平和なときにのみ姿を見せる。幸せを運ぶ鳥とされている。


鳳凰の絵は葛飾北斎が晩年(86~87歳)に1年かけて描いた作品が有名。


masatanyの描く鳳凰 下絵


IMG_6308.JPG


黒色の和紙に切ってみた。大きさは写真サイズ:A3ノビ


鳳凰の羽は何種類もあり、また、その色を変えて現れる?とされている。


切り方を変えて、表現してみた。


P8130529.JPG


自分なりに、綺麗に切れたので・・・切り絵教室の先生に見ていただいた・・・・・。


先生曰く 「あなたは、どうして鳳凰を切ろうと思ったのですか?」

「何を表現するかが大事です、何を表現したいのですか?」

「何を思って切ったのですか?」






masatany 「きれいですね~」と言ってもらえると期待していたが。


・・・・・苦労して切ったのに、不評だった  (-_-;) 

「作品ではない」のが結論。
 

・・・・なんと、写真作品でも同じことを言われ続けた・・・・・

(現在の写真の先生)


ここで、切り絵も芸術であることを知らされる。


切り絵も、「 切り方の技法 、表現の技法 ・新しい発見 を求めている。」


ここで、切り絵の先生の優しさが・・・・・


「何とか作品にしましょう」


しばらく考えて、 「掛け軸のように、讃を入れましょう」


・・・・・芸術学部・文学部でもはないmasatanyには理解できなかった (-_-;)


作品でないのを、どうしたら作品になるか、指導していただいた。



そして・・・、初めての 「 讃文 作成 」 に汗を流すことになります。


このつづきは、次回以降に・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ただ今。 「切り絵ロビー展」 を開催しています。


興味があり、また、近くにお立ち寄りの方、ご覧いただければ幸いです。


P8060510.JPG



P8060528.JPG

 
開催期間 : 8月1日~8月31日(月曜日休み)


場所 : 愛知県みよし市 ふれあい交流館・ロビー



最後までご覧いただきありがとうございました。


ボチボチとブログ更新を行います。


気軽に、お付き合いいただければ幸いです。




nice!(29)  コメント(12) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。