So-net無料ブログ作成
検索選択
白川郷・五箇山 ブログトップ

小さな世界遺産 [白川郷・五箇山]

「 こきりこ節 」・・・・・無形文化財


富山県南砺市五箇山 


日本で一番古い民謡とされている・・・・・「 こきりこ節 」


田楽から派生し、田踊りとして発展


五穀豊穣を祈る。田植えやや稲刈りの間に踊る。


いまでは 「 五箇山・こきり祭り 」(毎年9月)の舞台で見ることができる





今回、五箇山を訪れていた(5月13日) 偶然 「こきりこ節 」を見ることができた。


*****************************************


goka-1070.jpg



goka-1060.JPG



anigif.gif



goka-1010.jpg



goka-1020.JPG



goka-1040.JPG



goka-1050.JPG



goka-1090.JPG




goka-1100.JPG


goka-1110.JPG


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こきりこ節 は「 ささら 」と言う楽器を鳴らして踊る


撮影会の帰り道立ち寄った五箇山


富山湾(雨晴海岸)から立山連峰を見ることはできなかったが・・・・。


貴重な 「 こきりこ節 」 を見せていただき、この撮影会がより有意義なものになった。


本日もご訪問ありがとうございました。

nice!(49)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

春の合掌造り・白川郷 [白川郷・五箇山]

久しぶりの通勤電車・・・・・。 行く前から通勤ラッシュ が気になる


現役時代、通勤電車はいつも、スーツ姿


今回は


重たいカメラの入ったリュック、大きな三脚、トレッキングシューズに軽登山の服装


満員の地下鉄電車に揺られて、名古屋まで・・・・・なんだか疲れた!!


集合は名古屋駅、集合場所は何度も行っているので・・・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<「フォトバス ・ 夕日に染まる散居村と朝日の雨晴海岸」をプロカメラマンの指導で>


21名の参加、 C写真協会のメンバーが大半、多くが顔見知りのようだ。


偶然、参加者に高校時代の先輩が・・・・ 急に元気が出た!!


先輩は、フィルム写真 ・中判カメラのベテラン写真家


バスは、2席を一人で・・・・の贅沢さ、 先輩いわく 「年寄りだから、これぐらいの贅沢は・・・・・」



******************************



初日の目的は 「砺波の 夕日に染まる散居村の撮影」 ・・・・時間つぶしに 「 白川郷 」 へ





IMG_0022.JPG



IMG_0084.JPG



IMG_0086.JPG



IMG_0095.JPG



IMG_0107.JPG



IMG_0119.JPG


ここにも、海外からの観光客、



一人の記念写真を撮るのに、縦・横 、遠景・近景、 ポーズを変えて


入れ替わり立ち替わり・・・・・ワイワイと


何時になっても、場所は空かない・・・・。


場所が空くと、今度は「 あ・な・た 写る! ど・い・て!」と言ってくる。(`д´#)ムヵ!!


おかげで、とても 「日本の原風景」に程遠い、おもしろい写真が撮れた。


IMG 0211.JPG



IMG 0222.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

原風景が期待できなかったので・・・・・


以下の写真は過去のものです。・・・・・冬季の「白川郷ライトアップ」 の写真。


マイカテゴリー 「白川郷」を参照下さい。


sirakawa-2010.jpg




sirakawa-2020.jpg




sirakawa-2040.jpg


********************************


白川郷撮影の 狙いは・・・・・・・


日本の原風景   里山ののんびりとした雰囲気 を目指した。


同行の先生指導も、その人のレベルを見抜き・・・・・・


撮影中も絶えず指導頂いた。


masatnyの写真の癖まで見抜かれた!!


多少うまくなった気分になれた


「いい写真が撮れましたね・・・・♪ 」 嘘でもいい、この言葉は素人写真家にはうれしい。


仲間も、教えてくれた・・・・・ 楽しい撮影会になりそうだ!!


次回は、いよいよ、「夕日に染まる散居村」 です。





nice!(49)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

白川郷ライトアップ [白川郷・五箇山]

とても情緒的で・・・寒い中にも、温かい窓明かりがほのかな気持ちに・・・・・



年に7回のライトアップ


2013年 1月 19日~2月 16日 までのライトアップ

ライトアップの時間は 17:30~19:30


昨年 2月 に1泊のバスツアーで訪れた・・・・[バス]


午後から白川郷に入れると考えていたが、途中、飛騨高山と近くの温泉に立ち寄る

白川郷入場は 17時に・・・・・・ 約2時間30分の見学

「白川郷ライトアップツアー」でないバスは17時に退場。(大型車は完全予約制)


時間との格闘だった・・・[雪]


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


_白川郷-20_80.jpg


_白川郷-30.jpg



_白川郷-60.jpg
***萩城跡展望台の近くより・・・・・展望台まで到着できず・・・[モバQ]***



_白川郷-70.jpg
*** クラブツーリズムに採用された写真です ***



_白川郷-75.jpg



_白川郷-80.jpg


_白川郷-85.jpg


_白川郷-90.jpg


_白川郷-100.jpg


_白川郷-110.jpg


_白川郷-120.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バスツアーの場合、白川郷ライトアップ撮影は時間との戦いだった。   [カメラ]

三脚は必需品・重いカメラ・・・・・足元が滑る、防寒で着ぶくれ・・・・


全景を見たい場合、「萩城跡展望台」に登る・・・・・・

展望台は三脚を立てる余裕もなし、順番待ちだ・・・・、待つ場合1・2時間は必要とか

ツアー客では無理!!

途中であきらめて・・・・・他を回る・・・・・観光客が多くて、早く歩けない、三脚が邪魔


アッという間の2時間30分・・・・・



(雪が降っている場合は長時間露光の間にストロボで雪を映しこむと・・・・情緒的な絵になるのでは?)


撮影ポイントは写真愛好家の三脚でいっぱい・・・・・・こんな思いで

駐車場にはバスがいっぱい・・・・・自分のバスを覚えておかないと見つからない!!


これからお出かけのみなさん、十分な準備をしてお出かけください。


本日もご訪問ありがとうございました。次回は途中立ち寄った「高山の街」を予定します

白川郷・五箇山 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。