So-net無料ブログ作成
検索選択
小原歌舞伎 ブログトップ

小原歌舞伎・新口村 [小原歌舞伎]

小原歌舞伎 「ザ・小原座」


演目 ・ 恋飛脚大和往来 新口村





あらすじ : 


飛脚問屋の養子、忠平衛は、遊女梅川を身請けして女房にしたいと・・・・。

梅川が恋敵に身請けされそうになり、極計刑に処される、公金横領をし

梅川を身請けする。



そして、故郷の新口村に逃げてきた。



ある日、潜んでいる家の前を実父の孫右衛門が通りかかり、孫右衛門は足を滑らせ倒れる。

梅川は走りより介抱する。



晴れて父子と名乗れない忠平衛は陰ながら根性の別れと涙にむせぶ。・・・・・・


梅川は親子の対面をさせる


・・・・・・・。


孫右衛門は泣く泣く二人を逃がす



P5251243.JPG



**************************************


P5251250.JPG



P5251255.JPG



P5251260.JPG




P5251263.JPG



P5251293.JPG



P5251342.JPG



P5251350.JPG



P5251374.JPG



P5251387.JPG


P5251412.JPG



P5251460.JPG





************************************


小原歌舞伎は毎年5月の最終日曜日に五月公演


農村歌舞伎として継承





nice!(34)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小原歌舞伎・五月公演 [小原歌舞伎]

豊田市無形民族文化財


今回は、「中根茂己師匠追悼公演」でもある。


例年に増して、盛況で、立見席までいっぱい


地元テレビ局数局、市の広報、専属カメラマン、そして、写真愛好家も・・・・。


地元のお年寄りが楽しみで・・・・・・早くから来ていた。顔見知りも数人、懐かしく開演を待った。


お弁当も販売・・・・まさに、「農村歌舞伎」の楽しみだ。


*****************************


「ザ・小原座」 五月公演




五月公演案内.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



演目 1 「御所桜堀川夜討 弁慶上使」





源義経の正室、卿の君は、懐妊のため乳人侍従太郎の館に預けられていた。

武蔵坊弁慶は頼朝の命を受け、卿の首を討ちにやって来た


1P5250819.JPG





侍従太郎は、腰元信夫を護身代わりしようとする。



P5250862.JPG





信夫の母、おさわ は、この子は17年前、名も知らぬ男とできた子、父に合わせるまで許してくれと・・・


3P5250872.JPG




その間に、・・・・・弁慶は腰元信夫(実は弁慶の子供)を切ってしまった。


4P5250877.JPG




17年前のおさわの相手こそ、弁慶その人・・・・その証拠が分かち合った片袖・・・・・。


弁慶はその袖を見せる


anigif弁慶.gif



母、おさわは袖を見せ悲しみに・・・・・・


anigif母親.gif



弁慶上使  台本


P5251241.JPG



とんだ、過ちをしでかした弁慶・・・・弁慶一生に一度の恋を・・・


P5250999.JPG





どうすることもできず・・・・・・悲しみの底に


P5251015.JPG



P5251054.JPG



P5251097.JPG



侍従太郎は、身代わりがバレルのを恐れ、腰元信夫の首を本物に見せるため、切腹。


P5251112.JPG





P5251114.JPG



弁慶は、切腹した侍従太郎の首も討ち


P5251130.JPG



P5251142.JPG




悔し涙の弁慶は・・・・・ 


P5251179.JPG




P5251189.JPG



P5251232.JPG






P5251237.JPG



****************************************


元務めていた職場の先輩、小原歌舞伎保存会 元会長(現監督)にあいさつに・・・・・。


写真撮影の許可を得た。


「楽屋に入れてあげたいが・・・・今は関係者以外は無理」


昔話に花が咲いた、



今回、「雨晴海岸」を予定していましたが、「小原歌舞伎」の記事を挟みました。


次回も、小原歌舞伎 「恋美脚大和往来・新口村」 を予定。



nice!(43)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

子ども歌舞伎 [小原歌舞伎]

「小原文化まつり」の一環として「子ども歌舞伎」が披露された。


小原歌舞伎保存会の子供達の素晴らしい舞台。


五月公演では先輩の舞台に感動した。


10月27日 子ども歌舞伎を見せてもらった。


その素晴らしさに感動!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



【 寿式二人三番そう 】


kabuki-1010.JPG



kabuki-1020.JPG





【 菅原伝授手習鑑 】


kabuki-1030.JPG




kabuki-1040.JPG




kabuki-1050.JPG




kabuki-1060.JPG




kabuki-1070.JPG




kabuki-1080.JPG





【 恋女房染分手綱 重の井子別れ 】


kabuki-1090.jpg



kabuki-1100.JPG



kabuki-1110.jpg

kabuki-1115.jpg

kabuki-1120.JPG

*************************************


「重の井子別れ」


重の井は、馬子「三吉」が別れた夫との間に出来た一子「与之助」であることを知る。


調姫の乳母としての重の井は調姫の縁談にかかわるとして、


泣く三吉に母子と名乗ることもできず、三吉を追放・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



三吉役は名演技であった。


地元の伝統芸能を引き継ぐ、素晴らしい子どもたちに拍手。



素晴らしい・・・頑張れ!!




写真撮影は「三脚使用不可で手持ち撮影許可」を得て撮影しています。




本日もご訪問ありがとうございました。

nice!(37)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小原歌舞伎 [小原歌舞伎]

小原歌舞伎 第三幕


源平魁躑躅 扇屋熊谷

歌舞伎は漢字が難しい・・・・・??フリガナ無しでは読めない・書けない
 

第三幕は <げんぺい さきがけ つつじ  おうぎや くまがい> 


しかし、歌舞伎はあらすじを知っていると・・・・・結構 面白い!!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<扇屋熊谷のあらすじ>


京都五条の扇屋は、平敦盛を女装させてかくまっていた。

扇屋には大勢の折り子(扇を折る)がいたので、かくまいやすかった。

そして、扇屋の娘は敦盛に恋をしてしまう・・・・・・


そこへ、敦盛詮議にあらわれたのは、源氏の侍、姉輪平次。

折よく、熊谷も扇屋に軍扇を注文に来ていた。


源氏の姉輪平次は折り子の詮議をはじめる。(女性か男性かを確かめる)


熊谷は姉輪の目を盗んで、敦盛を助けるため


身代りに扇屋の娘を殺し、その首を差し出させる。



そして、敦盛は熊谷の義心を感じ、次の戦場での再会を約して別れる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

扇屋の主人(平家の旧家臣)


obara-3000-1.jpg



女装した 平敦盛

obara-3010.JPG



扇屋の折り子達、左端は”おなべ さん”

obara-3030-1.jpg


扇屋の娘は敦盛に恋をする

obara-3040.JPG


熊谷は軍扇を注文に来ていた

obara-3050.JPG


姉輪平次

obara-3060-1.jpg



姉輪平次による男女の詮議

obara-3070-1.jpg



おなべさんも姉輪の家臣に詮議される・・・・??

obara-3080.jpg


娘の首を敦盛の首と偽って、姉輪に差し出す、扇屋主人

obara-3090-1.jpg



熱演で汗びっしょりの 熊谷直実

obara-3100-1.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豊田市無形民族文化財 ・・・・・ 小原歌舞伎


中学生、小学生の役者さんの出演を期待した


残念ながら、この公演では無し


隣の席のご老人・・・・・・「子供はなかなか難しい」 


「練習が大変だから」 「勉強が遅れる・・・ 」


やはり、現代では続けることが難しいのか?


現実は、頑張っている子供もいる



会員募集と体験申し込みをしていた


継承されることを祈りつつ・・・・・・・・・。


本当に楽しい一日を過ごさせていただいたことに感謝



本日も、ご訪問ありがとうございました。

白浪五人男 [小原歌舞伎]

ザ・小原座


稲瀬川勢揃の場


稲瀬川堤に、巷で評判の高い日本駄右衛門を筆頭に白浪五人男が勢揃い

悪事が露見して、その最後が近いと、あらかじめ用意した揃いの出で立ちで

折からの春雨の中・・・・


たちまち大勢の捕り手に囲まれたが、


五人は悠然と名乗りを上げ襲いかかる捕り手を右に左に蹴散らして・・・・

おなじみの演目を


豊田西ロータリークラブのメンバーが熱演


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


kabuki-2020.JPG


kabuki-2030.jpg



kabuki-2040.jpg



kabuki-2050.JPG


kabuki-2060.jpg


おひねりを投げようと・・・・舞台の下で


kabuki-2070.jpg


kabuki-2080.JPG

**********************************

ザ・小原座・・・・小原歌舞伎


江戸の中期に神社に奉納するため、地芝居として始まった


その後、過疎化で衰退


昭和48年11月 小原歌舞伎愛好会設立


昭和47年の災害(豪雨水害)復興を願い、地元に元気を取り戻す力となった

平成元年 小原村無形民族文化財指定


kabuki-2010.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

現在 小原村は町村合併により、豊田市となる


次回も小原歌舞伎 「源平魁躑躅・扇屋熊谷」(げんぺいさきがけつつじ ・おおぎやくまがい)を予定



本日もご訪問ありがとうございました。



小原歌舞伎・釣女 [小原歌舞伎]

愛知県豊田市永太郎町に位置する・・・・小原交流館「ザ・小原座」に行ってきました。


豊田市無形民族文化財


小原歌舞伎五月公演


*************************


obara-1000.jpg

*****************************


上演演目


戒詣恋釣針 釣女

えびすもうでこいのつりばり つりおんな



<あらすじ・・・・・・小原歌舞伎五月公演より>


独身大名が妻を授けてもらおうと、独身の太郎冠者を供に西宮の恵比寿様に詣でる。

早速その夜、「妻となるものは西の門にいる」とのお告げがあり、

行ってみると釣り竿が落ちていた

釣り好きの恵比寿様がこれで妻を釣れと言うことだろうと、大名が試みると

世にも稀な美女が釣れる。

太郎冠者も焦って自分も糸を垂れると、やはり女性が釣れる。

喜んだ太郎冠者が、末永く添い遂げることを誓ってかぶりものを取ると、

二目と見られぬ醜女であった・・・・・・・・・・・。


*********************************


obara-1010.jpg


obara-1020.JPG


obara-1030.jpg

obara-1040.jpg

obara-1050.jpg


obara-1060.jpg


obara-1070.jpg


obara-1080.jpg


obara-1090.jpg


obara-1100.jpg


obara-1110.jpg


obara-1120.JPG


obara-1130.jpg

*************************************


「ザ・小原座」

愛知県豊田市 ・ 小原歌舞伎保存会
 

会員の皆様 24名(25歳~80歳)で運営している。


豊田地域に残る古き良き伝統芸能


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この日、最前列の隅っこで見せていただいた。


会員の中には先輩も、役者として熱演、振付も・・・・・オーラーが出ていた。

会長も務めた、大先輩、思わず見とれてしまった。


会社にいるときとは大違い・・・・・・。


*****************



隣の席で熱心に解説していただいた、ご老人


元会社の同僚のお父さんだった Σ(゜Δ゜*) エッ


楽しい一日だった!!



次回は、ロータリークラブの皆さんの熱演  「白波五人男」 を・・・・・。


本日もご訪問ありがとうございました。

小原歌舞伎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。